上映スケジュール


10月20日(土)スケジュール 会場 坊っちゃん劇場


9時30分~ 坊っちゃん劇場作品「よろこびのうた」(120分)

脚本/羽原大介、演出/錦織一清、音楽監督・作曲/岸田敏志

徳島県において、日本で初めてベートーヴェンの第九『歓喜の歌』が歌われた史実を元に、ドイツ人俘虜と日本人の交流、葛藤、対立、和解を描いた、現在に通じる愛と平和のエンターテイメント。



12時30分~ 台北作品「歌仔戯<佘太君掛帥 Heroine of the Yangs>」(150分)

制作/唐美雲歌仔戯團 出演/唐美雲、小咪ほか

台湾伝統芸能賞の最優秀俳優賞など、数々の受賞歴を誇る、女優・唐美雲(タン・メイユン)氏による歌仔戯(台湾オペラ)


15時30分~ ソウル作品「笑う男」(150分)

脚本・演出/ロバート・ヨハンソン、音楽/フランク・ワイルドホーン、歌詞/ジャック・マーフィー

「レ・ミゼラブル」の作者として知られる大文豪ヴィクトル・ユーゴーの同名小説が原作。ヨハンソン氏の熱烈なオファーを受けたEMKミュージカルカンパニーが約5年間の歳月と175億ウォン(日本円で約17.5億円)かけ、満を持して舞台化した超大作。



10月21日(日)のスケジュール 会場 坊っちゃん劇場



9時00分~ ソウル作品「カラマーゾフの兄弟」(100分)

原作/ドストエフスキー、脚本/キム・ギョンジュ、作曲/イ・ジヌク、演出/オ・セヒョク

ロシアの大文豪・ドストエフスキーの代表作「カラマーゾフの兄弟」が原作。今作品は、法廷推理物の形式で話が展開されている。2018年2月から4月まで韓国・ソウルで上演された。


11時00分~ ロシア作品「理性の睡眠(ゆめ)」(120分)

原作/ゴーゴリ、脚本・演出・主演/セルゲイ・ベズルコフ

ロシアのトップスター、セルゲイ・ベズルコフ氏脚本・演出・主演の作品。この作品で、スタニスラフスキー賞と劇場スター賞を受賞。


13時30分~ 東京作品「ポストマン」(130分)

脚本・作詞/中井由梨子、原案・音楽/河谷萌奈美、演出/tekkan、出演/海宝直人、上山竜治、小南満佑子

ミュージカルアクターのほか、演出、プロデューサーなど多彩な活動を繰り広げるtekkan氏が手がけたミュージカル作品。2017年に東京で行われた公演では、チケットが即完売になったほどの人気作。